スポンサーリンク

 

 

こんにちは、かんらくです。

大切な人に贈り物をしたい時って、一年の要所要所にあるものですね。

プレゼントを買った店で、そのまま包装してもらう時は問題ありませんが、持ち込みでラッピングをお願いしたい時、どこでやってもらえるのか意外と分からないものです。

 

友人への寄せ書きノートをラッピング

私も、友人に寄せ書きをしたノートをプレンゼントするために、急きょ、ラッピングが必要になりました。

慌てて調べた結果、新宿に持ち込みラッピングをしてもらえる店を発見しました。

プレゼント包装なら「包むファクトリー」

包むファクトリー」というちょっと不思議な名前です。新宿駅東口のマルイの8階にあります。

早速行ってみました!

スポンサーリンク

 

 

完全に女性向けの店でアウェイ感、満載でしたが、他にも同じ目的のビジネスマンの姿が見えたので、ひるまずに入店しました。

入口のネオンが、なんとなく「羊包むFACTORY」に見えますね(笑)。

包装紙は3種類から選べる

ラッピングは、①箱 ②布 ③紙 の3種類から選べます。

おおざっぱな価格のイメージは、作業代込みで、が2000円、が1500円、が1000円です。

箱、布、紙のそれぞれにグレードがあるので、価格は前後します。

 

スポンサーリンク

私は、紙を選びました。

はじめは、こちらの中から探し、

 

 

これを選びました。ミッキーギフト。子どもが喜びそう。

 

 

でも、選んだ紙代が意外と高く(400円+税)、作業代込みで、1200円くらいになるといわれました。

1000円以内に収めたいと思っていたので、200円+税のラインナップから選びなおし。

ベーシックな無地に変更しました。

 

スポンサーリンク

ラッピング仕上がりまで20分

さて紙が決まると、お店の人が包装に入るのですが、ラッピングが仕上がるのは20分後、とのこと。

クリスマス直前などは、とても混雑するようなので、時間は余裕をもって来店したほうがいいでしょう。

同じフロアにスタバがあるので、そこで待つこともできます。

スポンサーリンク

 

 

もしお金をかけるのがもったいないということであれば、ベンチや椅子がいたるところに設置されています。

 

 

さて、コーヒーを飲んでいる間に、あっという間に20分が経ち、

 

 

会計を済ませると、仕上がりはこうなりました。

 

 

時期が時期なので、ツリーのイメージなのでしょう。まずまずです。

そのままカバンに入れると、形が崩れてしまうのでは、と心配していましたが、ちゃんと紙袋に入れてもらえました。

余った包装紙は持ち帰り

あまった紙も、紙袋に入れてもらえるので、後日、ちょっとしたラッピングに使えます。

包装紙が200円+税、リボン(オプション)も200円+税、作業代が540円で、合計972円でした。

ラッピング代が高いか安いかは人によって

この値段が高いと思うか安いと思うかは、人によって分かれるところでしょうが、持ち込み商品を、気を遣う人のために、きちんとラッピングしてもらいたい時には重宝します。

せっかくプレゼントの中身に真心を込めても、ラッピングで手を抜くと心は伝わりませんから、こだわりたいところですね。

ちなみに、渋谷海老名にも店舗があるようです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク